ブレスマイルは副作用の心配をした方がいい?

ブレスマイルの副作用の心配は?

ブレスマイルは人と会う時や会議などで気になる口臭を体の中からスッキリしてくれるエチケットサプリメントです。しかし、サプリメントなので毎日口に入れるものなので副作用などが無いか気になりますよね。

 

ブレスマイルの副作用が気になるので成分などを徹底調査してみました。ブレスマイルの副作用が気になる人は参考にしてみてくださいね。

 

口臭の原因は?

ブレスマイルを飲んで口臭改善をする前にそもそも口臭の原因について確認してみましょう。口臭といってもいくつかの原因があるので、それをキチンと把握して置くことは大事なのでよくみてくださいね。

 

まずは、食べ物や飲み物が原因となっている場合です。特にニンニクやアルコールと言った臭いのきつい食べ物や飲み物を飲んだ後に胃から臭いが上がってくるタイプです。通常胃の中で消化するまでの3?5時間位は臭い感じやすくなります。

 

そして、口の中の乾燥が原因の口臭もあります。これは、緊張している時や寝起きなどでもなる時があります。緊張などによって交感神経が活発化すると唾液が減少するので口内の殺菌力が減少してしまい口臭の原因となってしまいます。

 

また、虫歯や歯周病などをそのままにしておくことでも口内環境が悪化して菌が繁殖することから臭いを発しやすくなってしまいます。胃腸などの不調によっても胃から悪臭が上りやすくなり、臭いの原因となってしまうこともあります。

気になる成分は?

ブレスマイルは、このような原因で口臭に悩んでいる人が舐めるだけで口臭を改善してくれる嬉しいサプリメントなのですが、一体どのような成分が配合されているのでしょうか。副作用が気になるので確認してみました。

 

まず始めは飲食物の臭いを包み込むように働きかける成分として柿渋エキスが含まれています。柿渋エキスには殺菌作用もあるので口臭予防が期待できます。

 

そして、乾燥に対して働きかけるラクトフェリンというものが入っています。これは母乳や乳製品に含まれるタンパク質の一種で抗菌作用をもっていて感染症から守ったり、免疫アップの働きがあります。

 

口内環境を改善する働きがあるのが、緑茶エキスです。これも殺菌作用が高く、そして抗酸化作用もあるので臭いを緩和してくれます。

 

体内からの気になる臭いには、腸内環境を整える働きのあるシャンピニオンエキスが有効です。この成分は腸内での腐敗ガス発生を防止する働きがあります。

 

最後はシソの実エキスで、この実に含まれるペリルアルデヒドには殺菌作用、防腐作用、胃腸機能のサポート作用があるので臭いに対してトータル的に働きかけてくれます。

 

これら含まれている成分を見る限りは、保存料や酸化防止剤などの添加物は一切含まれていないので副作用の心配はいらないそうですね。

これなら安心!

ブレスマイルが安全、そして安心して使うことができるのは、それもそのはずで現役の歯科医監修のもとで作られたサプリメントだからなのです。口臭対策の専門家の知識から作られているので安心して使って良さそうですね。

 

そして、ブレスマイルにはコールセンターがあってサプリメントアドバイザーが常にいます。気になることがあればすぐに相談できる体制になっているのも憂しい体制ですよね。

 

ブレスマイルは副作用の心配はいらないのですが、注意しておくことは妊娠中の摂取と大量にとりすぎないようにすることです。大量に取りすぎたり、妊娠中のように体がデリケートな時に摂取するとデキストリンやラクトフェリンの働きで下痢気味になってしまう事があるので気をつけてください。

 

>>ブレスマイルの最安値はこちら