ブレスマイルの成分はどんなものがある?

ブレスマイルの成分は?

ブレスマイルならば日頃から気になるお口の臭いもバッチリ対策ができます。しかし、そんなに凄い効果だと含まれている成分がどのようなものなのか気になりますよね。

 

ブレスマイルにはどのような成分が含まれていて、どのような効果があるのか徹底調査をしてみました。ブレスマイルに含まれている成分が気になる方は確認してみてください。

 

口臭を引き起こす原因?

ブレスマイルに含まれている成分についてみていきますが、そもそも口臭を引き起こす原因がどのようなことなのか知っていますか。まずは口臭を引き起こす原因について確認していきましょう。

 

口臭を引き起こす原因としては大きく分けると4つの原因があると言われています。一つ目は食べ物や飲み物の臭いです。わかりやすいのがニンニクやアルコールといった臭いのきつい食べ物や飲み物をとった後に胃から上がってくる臭いのことです。これは、飲食後消化されるまで3?5時間くらい臭いの原因が続きます。

 

そして、気をつけていてもなってしまうのが、緊張した時や寝起きの口内乾燥による臭いです。緊張によって交感神経が活発になると唾液の減少から口内での殺菌力が弱まり、結果、臭いを発生してしまうのです。

 

三つ目は虫歯とか歯周病と言った口内環境の悪化により、菌が繁殖して臭いを発生してしまいます。四つ目は胃腸や内臓などの不調が原因で消化不良などによって体内で発生した腐敗ガスなどがのぼってくる事が原因となるのです。

 

ブレスマイルはこれらの原因に多角的にアプローチする成分が含まれているので臭い対策にバッチリと言われているようですよ。

含まれている成分は?

ブレスマイルに含まれている成分について細かくみていきたいと思います。まず、最初は口臭を改善するための消臭成分からです。

 

食べ物や飲み物の臭いに対して働きかけてくれる成分が渋柿エキスです。この成分は、飲食物の臭いに対して包み込み殺菌作用で口臭の予防効果を発揮してくれます。

 

緊張などによる口内の乾燥に効果のある成分としてはラクトフェリンという成分が含まれています。これはもともと母乳や乳製品などに含まれていて、生まれたばかりの赤ちゃんを菌などから守るための殺菌作用の働きがあるのです。この働きによって腸内環境を整えてくれて、おまけに貧血予防にも効果を発揮してくれます。

 

口内環境の悪化に対して働きかけてくれる成分は緑茶エキスです。緑茶エキスに含まれるポリフェノールの一種であるカテキンには殺菌作用があるので口内菌に対して効果があるのです。抗酸化作用の働きもあるので活性酸素を除去する事で体臭の改善にも効果があります。

 

体内環境改善に効果があるのはシャンピニオンエキスです。腸内環境を整えてくれるので腸内での腐敗ガスの発生を抑制してくれる効果があります。シャンピオンエキスに含まれているフラボノイドは、口臭の元であるメチルカプタンと結合することで無臭化する作用もあります。

 

そして、臭いにトータル的に働きかける成分としては、シソの実エキスが含まれています。この成分に含まれているペリルアルデヒドには、殺菌、防腐、胃腸機能サポートの作用があります。そして、抗酸化作用もあるので免疫力アップや活性酸素除去の働きもあります。

消臭の秘訣のミント?

ブレスマイルには、その他にも嬉しい成分が含まれています。その一つはミントの香りが配合されています。これはブレスマイルをじっくりと舐めることで清涼感が口の中で広がり、気になる口臭をマスキングしてくれるのです。

 

そしてミントにはメントールやフラボノイド、タンニンなどが含まれているので抗菌作用や抗酸化作用も期待できるのです。

 

ブレスマイルは、既に発生してしまっている口臭に対してもしっかりとケアしてくれる成分が配合されているので体内からとのケアができるので効果が実感できるのですね。

 

>>ブレスマイルの最安値はこちら